ヘッドスパってどんな事をやるの?

「ヘッドスパ」とは、アカラベルモント社が商標登録を保有している造語です。
なので、他の企業や美容院が「ヘッドスパ」という単語を許諾なしに利用することは、本来はちょっと問題がある事ですね。

 

「ヘッドスパ」にはどんな効果があるかを簡単にいうと

 

  • 薄毛・抜け毛の対策
  • パサついた髪の補修
  • 頭皮状況の改善
  • リラクゼーション効果

 

があると言われています。

 

ここでちょっと考えていただきたいのですが、この4つの項目、レブロでも十分にこの4つの効果を得られると思いませんか?

 

薄毛・抜け毛対策

遺伝的要因の抜け毛・薄毛はシャンプーではどうにもなりませんが、生活習慣や頭皮の環境からくる抜け毛の場合は頭皮の状況を改善してあげれば収まることも考えられます。

 

レブロは弱酸性アミノ酸系シャンプーなので洗浄力もマイルド、シリコン不使用なので頭皮にシリコンが付着してしまうといった状況に陥ることはありません。
その他にも30種類以上の天然エキスが配合されていることからも、頭皮環境の改善にはとてもいいシャンプーなんです。

 

パサ付いた髪の補修

パサついた髪や痛んだ髪というのは、キューティクルが開いてしまうから。

 

何故キューティクルが開いてしまうのかというと、従来のシャンプーはアルカリ性だから。

 

ラブロは弱酸性シャンプーであり、髪の補修に効果の高いと言われているとても貴重な成分エルゴチオネインが配合されています。

 

エルゴチオネインは含有アミノ酸であり、私達の髪の毛もアミノ酸です。

 

他の成分では中々髪の毛の中までは浸透しにくいのですが、同じ成分であることから髪の毛の中までしっかりと浸透し、エルゴチオネインの効果と言われているバルーン効果(髪の毛を一本一本膨らませる効果)が期待できます。

 

頭皮状況の改善

頭皮状況の改善をするためには、刺激の強くないシャンプーを使うこと。

 

それに一番適しているのが、弱酸性アミノ酸系のシャンプーなんです。

 

リラクゼーション効果

自宅のお風呂に浸かってのんびりする、それでも十分なリラクゼーション効果がありますが、ラブロの香料は天然のオレンジ油・ラベンダー油が使われています。
リラックスするためには香りも重要なポイントです。
オレンジ油とラベンダー油でアロマ効果も十分期待できます。

 

 

と、弱酸性アミノ酸系シャンプーのラブロでもヘッドスパの主だった効果は十分に得られます。

 

とはいっても、「ヘッドスパ」はプロのカウンセリングの下、他にも様々な施術が行われます。

 

簡単な流れを言うと

 

カウンセリング→シャンプー→頭皮マッサージ→トリートメント→首や肩のマッサージ→アフターカウンセリング

 

 

という流れが一般的です。

 

確かに、美容師さんにやってもらうマッサージはとても気持ちいいですよね。

ヘッドスパの種類

ヘッドスパと言っても様々な種類があります。

 

 

炭酸ヘッドスパ
炭酸水を利用して、頭皮の汚れ、髪の毛の汚れを取り除く

 

オイルヘッドスパ
オリーブオイルや椿脂を使うスパ
頭皮の乾燥からの痒みやフケに悩んでいる人にお勧めなスパと言われています。

 

 

スカルプヘッドスパ
スカルプとは頭皮の事。
すなわち、頭皮の汚れや毛穴の詰まりなどを取り除くことを主眼に置かれたスパです。
抜け毛、薄毛に悩む人にはお勧めのスパです。

 

 

超音波ヘッドスパ
超音波によって毛穴の汚れを分解させて落とすスパです。
髪の毛が長かったりすると、しっかりとシャンプーしているつもりでも頭皮の汚れはあまり落ちていないものです。
超音波によって頑固な汚れをしっかり綺麗に落とし、頭皮の状況を改善させるスパです。

 

 

 

など、美容院によってはもっと個性的なスパなど様々なスパがあります。

 

個人で「炭酸スパ」、「超音波スパ」をやるというのはちょっと無理がありますが、「頭皮の状況を改善する」という目的はラブロでも十分に行うことができます。

 

もちろん、プロによる施術であるので美容室のヘッドスパを利用するほうが効果は高いかもしれません。
しかし、毎日通うと、週に1回であってもヘッドスパに掛かる金額はかなりの金額になってしまいます。

 

普段の頭皮ケアはラブロを使って自宅で行い、月に数回程度、日頃頑張っている自分へのご褒美として美容院のヘッドスパに通うのがベストですね。