ラブロのシャンプーを使ったほうが良い人・悪い人

どんなに評価の高いシャンプーであっても、自分の頭皮状況に合わないシャンプーであったら、そのシャンプーの効果を十分に得られないでしょう。
むしろ、頭皮環境は悪化することも考えられます。

 

このページではラブロのシャンプーがどのような人に合うのかをご紹介します。

 

ラブロのシャンプーがお勧めな人

乾燥肌・アトピー肌の人

ラブロは弱酸性アミノ酸系のシャンプーです。
市販のシャンプーでは刺激が強すぎる人には、この低刺激の弱酸性アミノ酸系シャンプーのラブロはとてもお勧めです。

 

 

フケに悩む人

フケにも色々な種類がありますが、乾燥タイプのフケに悩んでいる方。

 

パラパラと落ちるタイプが乾燥フケで、女性に多いといわれています。

 

逆に、脂性フケは、フケが黄色っぽく粘り気があり、なかなか髪の毛から落ちないタイプのフケをイメージしてください。

 

脂性フケの方は、むしろ頭皮の皮脂に問題があるので洗浄力の強いシャンプーの方がお勧めかもしれませんが、乾燥フケで悩んでいる方は、洗浄力の強さによる頭皮の乾燥、シリコンの洗い残しが原因と考えられます。

 

ラブロは弱酸性アミノ酸系のシャンプーですので、洗浄力も抑えられていて、ノンシリコンであるため乾燥タイプのフケを改善するにはお勧めです。

 

パーマやヘアカラーをされる方

髪の毛をシリコンが覆ってしまうと、パーマが掛かりにくくなり、ヘアカラーも思うようにつきません。

 

また、ヘアカラーをしても洗浄力の強いシャンプーを使っていると、結構早い段階でカラーが落ちてしまいます。

 

シリコンは一度髪の毛を覆ってしまうと、水に強いという特徴があるためなかなか落とすことは困難です。
ですので、普段からノンシリコンのシャンプーを使うなどしておいたほうが、パーマもよくかかりヘアカラーもしっかりと付くと思います。

 

 

最近抜け毛が気になる方

男性に多い「遺伝性の抜け毛」の場合は、いくらシャンプーを変えたとしても、一定の効果はあると思われますが万全ではありません。

 

しかし、頭皮環境の悪化による抜け毛が原因の場合は、頭皮環境を改善させてあげることにより抜け毛の悩みが解消すること十分に考えられます。

 

頭皮の痒みに悩んでいる方

頭皮の痒みに関しても2パターンあります。

 

簡単に言うと、頭皮が乾燥してしまい外部からの刺激に弱くなっているタイプ、もう一つは不潔にしているため痒くなるタイプ。

 

シャンプーを選んでいるあなたは、頭皮が不潔であるなんていうことはまず考えられないので、痒みがあるとしたら乾燥タイプ。

 

乾燥から来るタイプの頭皮の痒みも、刺激の弱い弱酸性アミノ酸系シャンプーであるラブロを使うことにより改善されると思われます。

 

 

ラブロのシャンプーが合わない人

かなりの脂性タイプの頭皮の人

ラブロは界面活性剤にココイルグルタミン酸TEAというアミノ酸系の界面活性剤を使用しています。

 

アミノ酸系の界面活性剤は刺激が弱いという長所はあるのですが、その反面洗浄力も弱いという難点があります。

 

ですので、頭皮が過度の脂性タイプの人は、むしろ洗浄力の強い高級アルコール系シャンプー(一般に市販されているシャンプー)の方がいいかもしれません。

 

 

強い刺激が好きな人

ラブロはアミノ酸系シャンプーなので低刺激のシャンプーです。

 

男性の方に多いと思いますが、普段トニック系のシャンプーを使っている方には、イマイチ物足りないと感じる方もいらっしゃると思います。

 

トニック系のシャンプーに関しては賛否あるところではありますが、ラブロのような低刺激のアミノ酸系シャンプーは向かないでしょう。