シャンプーにはシリコンシャンプー、ノンシリコンシャンプーがあります。

 

まず、シリコンシャンプーであってもそれは安全性が確立されたものであるため、シャンプーに入っているシリコンが人体に悪影響を与える可能性は、ほぼゼロに近いので、「健康を害する恐れ」などでシリコン入りシャンプーを使うのをよそうと思われているのでしたら、心配いりませんのでご安心ください。

 

では、なぜ最近ノンシリコンシャンプーが沢山出てきているのか、それは従来のシャンプーの成分を考えると答えは出てきます。

 

 

市販のシャンプーは洗浄力が強い。だから

市販のシャンプー(アルコール系シャンプー)に使われている界面活性剤の多くは「石油系」界面活性剤です。

 

この石油系界面活性剤は洗浄力が強く、汚れを落とすのには一番良い界面活性剤なのですが、しかし反面、「洗浄力が強すぎて髪の毛に大きな影響をあたえてしまう」という面もあります。

 

強い洗浄力を持つもので洗うとどうなるか。

 

 

経験のある方もいらっしゃるかと思いますが、強い洗浄力を持つ洗剤が手についた時、手を酷く荒れますよね。

 

それと同じで、石油系界面活性剤のシャンプーで洗った髪の毛は酷く痛んでしまうんです。

 

その痛んだ髪を補修するためにシリコンを使い、髪の毛をシリコンでコーティングすることにより、シャンプー後、指どおりの良い髪の毛にしているんです。

 

テレビCMで「まとまった髪の毛〜」や「キューティクルが〜」なんて謳っているCMがありますが、それはシリコンによるいわば見せかけのものであり、髪の毛の元から綺麗にしているわけではないんです。

 

強い洗浄力の補修として、シリコンが使われているんです。

 

ラブロは弱酸性のアミノ酸系シャンプーなので洗浄力はマイルドなので、そもそもシリコンによる髪の毛の補修は必要ないんです。

シリコンのデメリット

シリコンはその成分が人間の健康に悪影響を及ぼすものではありませんが、水や熱に強いという性質から髪の毛、頭皮の健康には悪影響を及ぼしかねません

髪の毛に対して

シリコンは水に強いという性質があるので、髪の毛に一度まとわり付いてしまうと、そのシリコンを取るのは中々困難となってしまいます。

 

美容室にいってなかなかヘアカラーが付かない、パーマがなかなか掛からないなんて人はシャンプーのシリコンが影響している可能性も考えられます。
白髪染め商品の注意書きで、「シャンプーの前に使ってください」という但し書きを読んだことありませんか?

 

あれは、シャンプー後だと髪の毛をシリコンが覆ってしまうため、染めづらいという理由なんですね。

 

また、シリコンが髪の毛を多い尽くしてしまうため、何かしらのヘアコンディショナーを使っている場合、その成分が髪の毛に行き渡らないという弊害も考えられます。

 

 

頭皮に対して

水に強いという性質から頭皮に付着したシリコンを洗い流すのも困難です。

 

しっかりと洗い流せれば問題はあまりありませんが、頭皮にシリコンが付着したままだと、毛穴詰まりの原因になり頭皮や髪の毛に悪影響をもたらします。

 

また、頭皮に残ったシリコンはフケの原因ともなります。

 

 

以上より、「しっかりと洗い流すことができる」のであれば、シリコンシャンプーもあながち悪いものとは言いがたいかもしれませんが、しっかりとシリコンを洗い流すのはなかなか困難なので、シリコンによる弊害もあるんです。

シリコンのメリット

シリコンのメリットはずばり、「髪の毛がしっかりとまとまる」ということに尽きます。

 

シリコンは痛んだ髪の毛を、くっつけるという効果が期待できます。

 

なので、シャンプー以外の要因で髪の毛が痛んでいる人の場合はシリコンによって髪の毛を補修(コーティング)することができます。

 

 

また、シリコンで髪の毛全体を覆うため、見た目のキューティクルをを保つのにはいいのかもしれません。